BLOG

~外野の夜明け~ Vol107アドレスホッパー

22.08.2019

 

久しぶりのブログ更新…先月体調を崩しながらも連日仕事に追われ、気づくとお盆も終わり真夏の暑さどころか 札幌では朝晩と涼しい風が吹き 秋めいて来た。

来月我が家は引っ越しをする。札幌の中心部にほぼ近いマンション生活から ちょっと離れた閑静な住宅街へ新居を構える。

昨日は大型電気店に家電を見に行って来た。消費税増税を前に色々なキャンペーンが開かれている。奥さんは目を輝かせながら家電を見入っていたが 俺は新型のハイスペックなパソコンから目が離せない…

書店や電気店って何時間でも居れちゃうくらい好きな場所なんだよね。大型電気店って電化製品だけでなく食品や化粧品、薬に家具やブランド品など何でもあるから当然インバウンドも多い。ひと昔みたいに家電を爆買いする人は少なくなったが、 多国籍の言葉が飛び交う不思議な空間に感じるんだ。

まあ、引っ越しは労力も財力も使うけど、新しい家具や家電を揃えたり こういう事も新しいスタートを切るという意味で楽しいものだよね

ところで、俺たちとは正反対に家を持たない「アドレスホッパー」が急増しているらしい。聞きなれない言葉だが
家を持たずに転々とするミニマリストな生き方をするという意味らしい。スーツケース1台に収まるくらいの荷物でシェアハウスや安いビジネスホテル、時にはネットカフェや飲みに行った先で意気投合した人の家に泊まれせてもらいながら転々とした生き方をするという。こうする事で家賃や光熱費など生活するための固定費がかからない分、自由に行きたい場所でやりたい生活が実現できる。仕事に関していうとパソコンでできるFXやトレード、または移動した地域における季節労働などで収入を経て 地元の人と交流を図り 仕事が切れたらまた他の街へ移り住むのだという。

いいね!男にとって理想的な生き方だよね!まるで寅さんの生き方そのもの…って、昭和過ぎてわからない人もいるか…。まあ、男性に限らず女性のアドレスホッパーも増えているみたいだね。生きていく中で、人から学ぶ事ってとても多いし、自分が存在している世界って 存在していない世界から見ると遥かに小さな世界だよ。そこから飛び出して違った世界を見る事で得られるものは、何にも変えられないよね

時代と共に生き方そのものが変わりつつある

働いて、生活する為だけに働く…そんな考え方を捨ててカバン1つで世界中を見て歩くのも 夢があっていいね

特に若い人達には、これからの長い人生の中で自分探しの時間を持てる機会があれば絶対持つべきだと思う。その1つにアドレスホッパーもアリだと思うね




 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload