BLOG

~外野の夜明け~ Vo105生きづらい日本

13.06.2019

 

先日金融庁が驚きの報告書を発表して、世の中が大騒ぎになっている。年金だけじゃ老後の生活費は足りないから自分たちで2000万用意しろ!と言うなんとも無責任な発言…

「死ぬまで働かされる明るい老後」の幕開けだね

この際、素直に「年金制度は夢と終わりました!廃止しますので後は宜しく!」ってきっぱり年金制度をやめてくれた方が良いのではないだろうか?

長生きすることがリスクになる日本。金融庁が国民に資産を運用して2000万用意しろって言うけどさ、投資会社は喜ぶかもしれないけど、リスクを伴う投資を促してまでも自分達でなんとかしろって言うまさかの丸投げ!国としてはどういう対策をとるのかって所が何も見えては来ない。

2000万あるなら、日本でちまちま暮らしているよりも、タイとか海外で暮らした方がもっと人間らしい暮らしができるんじゃないの?って本気で考えるよ。

50代で貯蓄「0」って、驚くかもしれないけど50代の3割を占めている。住宅ローンや教育費などに追われるこの世代に、貯蓄なんて余裕など無い。昇給も望めずひた向きに働いて気付けば定年を目の前にしても、それから老後の為にまたひと働き…隠居生活は余裕のある裕福層の特権となりそうだね。

庶民は老体にムチ打ってなんとか仕事にありつき、解雇されないように毎日祈るような気持ちで働き、AI化された職場で誰もが嫌う様な過酷でキツイ仕事を充てがられ、孫の様な世代の上司にこき使われる…老いても面倒をみてもらうんじゃなくって、面倒をかけない様に生きていかなくっちゃいけないね

お隣の中国でも「一人っ子政策」から「二人子政策」になったが、少子高齢化は確実に進んでいる。今の日本をどう見ているのだろう?経済大国だから日本とは違って、今なら何か打つ手があるのかもね。

国の世代交代が上手くいかないと、 国は滅んでしまうっていう、悪い例のモデル国日本。

今さら将来のことを考えても手遅れの様な気もするけど、今だからこそ真剣に考えなきゃいけないね。

中年の引きこもりを抱える老いた親、子供の虐待、猛スピードで街の中を暴走する老人…ストレス溜まりまくりの日本人。見渡すと、どんどん生きづらい日本の姿が浮き彫りになってきている感が歪めないけど ここで踏ん張って次の世代の若者達に 胸を張ってタスキを渡せれる様に 俺たちが頑張らないといけない。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload