BLOG

~外野の夜明け~ Vol_065自分を知るってこと

10.10.2018

 

幾つになっても知らないことって多いよね?最近は分からない事や気になったワードを、ネットで検索すると答えはすぐに見つかる。昔は本から色んな情報を得ていたから、何冊も本を読みあさったが今は知りたい事は簡単に知ることが出来る。「気づく」って事は新しい「はてな?」を探し出す大切なキーワードだ。

最近思ったのは、自分の事をどれくらい知っているのだろう?と疑問が湧いてきた。等身大の自分ってどうなんだろう?他人の事ならわかるけど自分って分かっているようで分からないことが多い。
ある程度の年齢になると、他人の目など気にしない、自分は自分…なんてカッコつけているけど、本当はどう思われているのか?ってやっぱり気になるよね?でも面と向かっては聞き出せない。

自分を知るって事は、自分の奥底にある本心と向き合わなければならない。社会の中で、自分とは違う価値観を持った他者を理解し、その違いを認め受け入れるには、まず、自分のことを良く知っておかなくてはいけない。
過去の自分と今の自分って 同じじゃないよね?環境も違うし思考や行動も経験を積む事で変化している。今の自分が何を望んでいて、何を恐れているのかを知らなきゃ次にどう行動すべきか分からない。こんな事を考え出すと不思議に、色々な感情や思いが湧き出てくる…望んでいたものを今の自分はいくつ手に入れただろう。今、一番手に入れたいものは?この先何が出来て何を諦めなければならないのか…
自分の事を真剣に考えると、過去・現在・そして未来と考えが巡り出す。

最近「終活」をしている人が増えた。終活とは死と向き合い、最後まで自分らしい人生を送るための準備をすること。自分に与えられた時間って無限では無いから、最後の時を迎える準備をするには しっかりと自分と向き合わなければならない。
自分を知るって事は「生きること」に繋がっているって事なんだ。

自分の事は自分が一番知っておかないと目標も未来も見出せない。時々自分探しをして、頭の中を切り替えるのも大切だね

~発想をかたちに kirakuya web ~
https://kirakuya-web.wixsite.com/blog
http://coconala.com/services/438258
http://coconala.com/services/384468 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload