BLOG

~外野の夜明け~ Vol_052携帯料金値下げ

26.08.2018

 

先日、菅義偉官房長官が携帯料金について「携帯料金4割程度下げる余地がある」
と述べた。その発言、政治家のお偉いさんの誰かが言ってくれないかとずーっと首を長くして待っていました!!

3年前に 安倍首相が「携帯料金などの家系負担の軽減は大きな課題。その方策の検討を進めたい」と発言したが それっきりで何も変わらず…どうか料金引下げを実現する方向で早く議論して欲しい。

ところで日本の携帯料金って世界から見て高いの?

国内大手3社のによるスマートフォンの料金(20GB)の平均料金は、東京は8642円、ニューヨークが7215円、ロンドンが2947円。イギリスに比べて3倍近く高いのには驚た! データ使用量が2GBや5GBだとニューヨークより安いが 結局足りなくなって割増し料金を払っている事が多い

一方で、自社回線網を持たない格安モバイル系列は20GBで平均5760円、イギリスでは4160円とそれでも30%ほど高くなっている

電波ってそもそも国民の共有財産なんだって。国民から資源を借りて事業をしているから 儲けすぎてはいけない、「高過ぎる料金を下げろ!」と声を上げて当然の権利なんだとか。


そもそも、携帯の契約とか料金の仕組みとか わかりにくいよね?
何年縛りでその前に解約すると大きなペナルティーを取られたり、契約してからもっとお得なプランが出ても辞められず 仕組みすら複雑で分からない。
分かり易くしてはいけない企業側のウラ事情が垣間見れるよ。

どうか料金引下げを実現する方向で、早急に議論して欲しいよね




~発想をかたちに kirakuya web ~
https://kirakuya-web.wixsite.com/blog

http://coconala.com/services/438258
http://coconala.com/services/384468 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload