BLOG

~外野の夜明け~Vol_031 民泊

14.04.2018

 

 

民泊ビジネス

 

インバウンド需要の盛り上がりやオリンピックの開催に伴い「民泊ビジネス」に魅力を感じている人も多いと思います。

 

民泊ビジネスを営む場合、旅館業法の営業許可を得なければいけないが無許可営業が増加している。

いわゆる「ヤミ民泊」が急増している。

 

外国からの観光客が増える中彼らを受け入れる宿泊施設が需要にまったく追いついていない事情があるからこそ そこに民泊ビジネスが入り込み 中には悪質なヤミ民泊も増え続けている

 

民泊の使用者が必ずしも善良な旅行者とは限らず違法なドラックなどの受け渡しの場所になったり つい先日は殺人事件が起きたりと犯罪の現場として民泊が使用されるケースも多くなった。

 

もちろん悪い点ばかりでは無く、貸す側としてはマンションや一軒家の空き家を利用して収入を得ることができたり観光地などで宿泊施設が少なく素通りされていた自治体に民泊が増える事によって経済的に活気がでた自治体も数多くある。

 

外国から見ると日本の宿泊施設は少なく値段が高すぎるといいます。これから色んな課題をクリアーしていかなければならない民泊ビジネスだが毎日のように増え続けている民泊業者をいったいどの程度把握しているのか・・・そこが問題だよね

 

いずれにしても沢山の国から外国人の旅行客がくる日本。それだけ魅力のある私達の国ですから...

 

 

~発想をかたちに kirakuya web ~

http://coconala.com/services/438258






 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload