〜外野の夜明け〜vol 125 ベーシックインカム制度導入?



以前、ベーシックインカム制度についてブログで取り上げてみたが、コロナによる経済の大打撃の中でにわかに現実味を帯びて来た。あの頃は『夢のような制度』と思っていたが、もし日本で実現させるとしたら年間ざっと100兆円の財源が必要となるという。そんな財源が出るはずもなく、日本での実現は無理だろうと考えていた


ところが今回、導入を提案したのが菅義偉首相のブレーンで経済学者の竹中平蔵氏(パソナグループ会長)が政府が金持ちも貧しい人にも、生まれたばかりの子供にも、すべての個人に対して、生活に最低限必要な現金を無条件で毎月支給するという。その額は一月1人あたり7万円。


そのお金をいったいどこから持ってくるのか?って思っていたら「社会保障財源」をあてるというからから 驚いた!毎月サラリーマンの給料から引かれている社会保険料や年金、雇用保険、また国民保険料などがそのままベーシックインカム税にとって変わってしまう